node.jsをユーザーディレクトリ以下にキレイにインスコする


node.jsはbrew install nodeでインスコする事もできるんですが、nvmを使うなら最初からnvmで入れた方が無駄がなくてスマートです。
なぜなら、nvmでインストールしたnodeはホームディレクトリ以下に入るので、brewでインストールした方は結局使わなくなるからです。

というわけで、スッキリとインストールするには、

  • 1.真っ先にnvmインスコ
  • 2.nvm install v0.6.xx
  • 3.作成したスクリプトのディレクトリでnpm install xxx

これでいろいろなバージョンのnodeやそのモジュールが無駄に散らばらず、しかもユーザー権限だけで扱えるようになります。

.zsh_profileに少々設定が必要なのですが、それはこちらのサイトを思いっきり参考にしました。

コードで一言: nvmでsudo npm install -g から卒業する
http://codedehitokoto.blogspot.jp/2012/03/sudo-npm-install-g.html

zshを使っていると

nvm_ls:17: no matches found: vdefault*

こんなエラーが出たりしますが、とりあえずnvm install v0.6.xxするまではシカトして、インストール終わったら

nvm alias default v0.6.xx

で怒られなくなります。
場合により、nodeのインストールが終わるまではbashに切り替えた方がベターかもしれません。

そして、スクリプトを書く際には、そのスクリプトのあるディレクトリで

npm install express

とかしてやれば、直下にnode_modulesが出来るので、環境ごとモジュールのバージョンが違っても安心。

異なるバージョンのnodeを使い分ける場合は~/.nvm以下にあるのを直接叩けばいいと思います。

Leave a Comment