MacRubyに入門した


MacRubyに入門してみた

RubyMotionを使いたかったんだけどちょっとお高いので、まずはMacRubyを使ってみようということで、入門してみました。

MacRuby導入

MacRuby
http://macruby.org/

0.1.2のzipをダウンロード、解凍後に生成されるpkgファイルをインストールしました。

Xcodeのプロジェクト新規作成をすると、MacRubyが追加されています。

MacRuby New Project

ちなみにXcodeは出たばかりの4.6を使っています。

適当にプロジェクトを作ってビルドするとエラーになります。
Frameworkのパスが足りないようです。

Framework Search Paths に

/Library/Framework/

を追加してやります。

入門サイト

ひとまずMacRuby Dojoのお世話になりながらストップウォッチを作ってます。

MacRuby DoJo (道場)

入門1時間くらいの感想ですが、Objective-C(というか既存Macアプリ開発環境)のシンタックスシュガーといった趣です。

言語としてはもちろんRubyで書くのですが、やはりAPI呼び出しはObj-Cを意識した書き方になります。

@timer = NSTimer.scheduledTimerWithTimeInterval( 0.1,
                                                target: self,
                                              selector: "timerHandler:",
                                              userInfo: nil,
                                               repeats:true)

入門の序盤をクリアしたらCocoapodsやRSpecの導入をしてみたいです。

Leave a Comment